イージス艦こんごう

反逆の佐渡の登場人物


楠 みさを(くすのき みさを)
 役職:佐渡王 年齢:17歳 軍階級:大元帥 *副業で高校生もやっている。 通称:みさを閣下
 誰もが嘘と解るくらい適当な嘘が好きな女子高生
 『人工衛星の事故』の生き残りで元高万中学校生徒で唯一の生還者
 誰も予測しないようなボケっぷりから『頭を打ったせいで気が狂った哀れな少女』との評価を日本国から受けている。
 特殊なカリスマなのか佐渡皇国軍の人々からは崇拝されている。
 佐渡産のイカが大好物で常に何枚か持ってないと精神が不安定になる程のイカ依存症患者

新田 國子(にった そのこ)
 役職:近衛侍従長 年齢:27歳 軍階級:元帥 みさを閣下からの呼称:くにちゃん
 防衛大を主席で卒業した元エリート自衛官
 人工衛星着弾時、たまたま佐渡駐屯地に赴任していた女性自衛官で無許可で救助活動を指揮し救助活動を行った
 一時国民的英雄と持て囃されたが独断専行が問題視され自衛隊を追われた。
 日本酒が好きで佐渡の酒「鬼コロリ」をこよなく愛する。

北条 時之(ほうじょう ときゆき)
 役職:佐渡艦隊司令長官 年齢59歳 軍階級:中将 みさを閣下からの呼称:トッキー
 元日本国防衛事務次官、特に海上自衛隊に影響力が強く、多数の艦船を佐渡皇国に合流させた人物
 日本政府からは今回の事件の黒幕と目される人物ではあるが、不思議なことに、みさを閣下には頭が上がらない。

日野 朝彦(ひの あさひこ) 
 役職:佐渡皇国首相 年齢48歳 軍階級:なし みさを閣下からの呼称:ひのっち
 「人工衛星の事故」で息子と娘を失い、政府に対する怒りから選挙に無所属で出馬し佐渡市長に就任
 息子の日野 勇一(享年14)は楠みさをのクラスメイトで「人工衛星の事故」以前より面識があった。
 佐渡皇国首相として財政/実務面で佐渡皇国を支える。

舟崎 那由他(ふなさき なゆた)
 役職:佐渡皇国陸軍司令 年齢:15歳 みさを陛下の呼び方:なゆた
 佐渡気船の社長令嬢にして佐渡皇国陸軍司令官
 海運や運用技術、開発技術に精通している。
 基本海娘だが、本人は陸軍への思い入れがあるらしい。

国枝 正志(くにえだ まさし)
 役職:無職 年齢:33歳 みさを陛下の呼び方:先生
 高万中学校の元教師、「人工衛星の事故」で楠みさをと共に救出された教師
 生徒を助けず自分だけが逃げた事をひどく後悔しており、反動でアルコール中毒に陥っている。
 楠みさをとは未だに会話が出来ない。
 愛飲している酒は「佐渡・北雪(さど・きたゆき)」

足利 一郎(あしかが いちろう)
 役職:衆議院議員 年齢:54歳 みさを陛下の呼び方:足利のおっちゃん
 人民民主社会党員、学生時代に東大紛争に参加したが事前に退去した為、結果的に大学を卒業し通産省に入庁
 その後、政治家となり幾度かの政変の後に衆議院議員となる。
 保守政党の大物であった楠重道とは何度も舌戦を繰り広げた経験がある
 無抵抗主義、マルクス主義などの左翼的思想をベースとしており
 ミサイル着弾を受け「人工衛星の事故」を唱える事により、戦争回避をはかった経歴を誇らしく思っている。

二階堂孝義(にかいどう たかよし)
 役職:衆議院議員(日本大使(他称)、佐渡委員長) 年齢:31歳 みさを陛下の呼び方:タカちゃん
 衆議院議員一年生
 佐渡皇国誕生後、足利一郎と共に佐渡皇国へ交渉にやってきた政治家
 外見は爽やかだが、心の声は辛辣
 なんとなく勢いで議員になった男、政治には全く興味がないが…夢は4年安泰の参議院議員



この作品はフィクションであり実在する人物、団体等とは一切関係ありません。